プロフィールは理想通りで完璧!でも、実際会ってみたら想像と違った?!

MENU

プロフィールは理想通りで完璧!でも、実際会ってみたら想像と違った?!

婚活サイトでの婚活だと、理想の相手探しをする際、まずはプロフィールを基準に選ぶことがほとんどだと思います。住んでいる所や年齢、年収、職業など、基本的な情報から、趣味や長所、短所といった個性的なところまで、結構沢山の項目が書かれていることが多いです。もちろん、顔写真を載せていることも多いので、見た目から選ぶこともできます。
婚活10
最近では、検索機能を利用すれば、すぐに希望条件の合った相手を絞り込めるようになっているので、簡単に理想の相手探しをすることができます。ですが、これが落とし穴になることも多いので気を付けましょう。

 

プロフィールは完璧だったとしても、実際会ってみると大きく予想に反していることがあるからです。

婚活11

例えば、プロフィールの内容が理想通りだったので、運命の人だと思っていた相手が、実際会ってみると、性格が思っていたのとは全然違ったということがありました。

よくよく考えてみれば、プロフィールが完璧なのに、結婚できていないということは何かしら問題があってもおかしくありません。あまりに完璧な理想像を頭の中で作り過ぎてから会ってしまったがために、会ってから性格が自己中心的だったとか、マザコンだったことを知ったので、かなり衝撃を受けました。
婚活12

これにより、プロフィールが完璧な人程、何か他に問題があるのではといった気持ちで慎重に会う必要があるということを勉強しました。

 

実際、プロフィールは、それぞれ本人が記入する内容なので、自分のイメージが良くなるように書くのが普通です。もちろん、嘘はいけませんが、長所や短所といった内容は特に、自分自身の判断基準で書くので、他人から見たらそれはまた違うと思うことも多いです。そのため、プロフィールすべてを鵜呑みにするのは危険です。ある程度の人物像を掴む程度にしておき、実際に会ってから自分と相性がいいかどうかを判断するようにするのが得策です。初対面で「子どもは何人欲しい?」と聞かれても・・・